仕上加工

輪転機で大量生産される印刷物のバースト、断裁、のり、背巻など様々な加工で仕上げします。60年積み上げた技術と機械化による高速処理でお客様の多様なニーズにお応えします。

加工
◆帳票印刷丁合

折丁を順番に取りそろえる機械です。紙厚35~125㎏に対応可能です

◆断裁仕上

製品の化粧仕上として切り揃えます。コーナーカットも可能です

◆糊つけ製本

大きく分けてワンセット糊(感圧セパレート、上質セパレート)、製本糊(通常糊、ブロック糊)の2種類で、製品に合わせて糊の配合を変えています。感圧と上質の組み合わせセパレートも可能です

◆針とじ

製本用の針金で機械綴じをします。一度に10~200枚まで綴じることができます

◆穴あけ

ファイリング用の穴をあけます。穴径2.5~8㎜、ドンコ穴か1~8穴に対応可能です

◆背巻

製本した部分をテープで覆う加工です。製本テープ幅2.5~4㎜、マーブルとクロス13色、カラーテープ9色があります

◆線糊/点糊丁合

複写の連続帳票を丁合し、のり製本する加工です。のりは線引きと点線引きができます

◆クリンプ

複写の連続帳票を丁合し、機械の爪でかしめる加工です。爪はシングルとダブルがあります

◆ミシン

印刷物に切取り用の穴を線状にあける加工です。刃の種類がマイクロ、ミニピッチ(0.8×0.4)、普通(2.0×0.6)、筋押しがあります

◆ナンバー

帳票番号などを追加印刷する加工です。連続番号、ランダム等様々なナンバーに対応可能です

◆コーナーカット

用紙の四隅のうち一隅を小さく切り落す加工です

    

◆包装

帯かけ、シュリンク(ビニール包装)など、お客様の要望に合わせて包装します

糊つけ製本
バースター
コレーター