平和を考える朗読カード~原爆の子の像 6年竹組の仲間たち~

語り部 川野登美子さんの著書「原爆の子の像 6年竹組の仲間たち」を B6版のカードにしたもので、学校など子供のいる施設へ配布します。川野さんは講話のために学校を訪問する時にご自身の著書を無償配布されているということですが、渡した後にちゃんと読んでもらえているのだろうか、引出しにしまわれてしまっているのではないかという心配されていました。

そこで、本を読むことが苦手な子供もいることを想定し、長いお話でも分割して読み上げられる朗読カードを作成しました。 36枚1組の カードを順番に読み上げていくことで、お話がひとつながりになるようグループを組んでもらいます。章ごとに川野さんからの設問があり、子供たちが考えながら内容を深く理解していけるようにしています。

平和を考える朗読カード ~原爆の子の像 6年竹組の仲間たち~
著者:川野登美子
製造:株式会社新生
株式会社松田製袋(https://matsudaseitai.com/
この封筒は、平和記念公園の「原爆の子の像」に捧げられた折り鶴の再生紙「平和おりひめ」を使用しています。なお、収益金の一部は広島市の平和推進事業に寄付しております。

語り部 川野 登美子(Kawano Tomiko)

1942(昭和17)年広島市中区堀川町に生まれる。3歳の時に疎開先の牛田町の自宅で被爆する。原爆で長兄を、次兄をがんで亡くした。幟町小学校2年、佐々木禎子さんと同じクラスになる。禎子さんの死をきっかけにクラスで募金活動を始め、「原爆の子の像」建立に携わる。1995(平成7)年より語り部として活動を始め、今に至る。
原爆の子の像に捧げられた折り鶴再生紙を使ったノートを世界中の子どもに届けるプロジェクトPEACE MINDS HIROSHIMAを起ち上げ、代表として活動を続けている。

<PEACE MINDS HIROSHIMA> https://pm-hiroshima.com/(寄付はこちら
<原爆の子の像 6年竹組の仲間たち> https://genbakunokonozou.com/


「平和を考える朗読カード」は、ご希望の方に無償でお送りさせていただきますが、学校法人またはこれに準ずる教育機関に限らせていただきますので、あらかじめご了承ください。

「平和を考える朗読カード」ご希望の方は、下記お問い合わせフォームよりご連絡をください。また、川野登美子さんのホームページからも問い合わせができます。

「平和を考える朗読カード」に関するお問い合わせはこちらから
個人情報の取り扱いについて
・本ページの個人情報収集は弊社の個人情報保護方針に基づき、お問い合せに対応することを目的としています。目的以外での利用は致しません
・お預かりした個人情報は第三者提供及び取り扱いに関する再委託は致しません
・上記内容等について同意いただけない場合、お問い合せについてお答えできない場合がありますので、あらかじめご了承ください
株式会社 新生
個人情報保護管理責任者 湯川 真

※お問い合わせには弊社営業時間内に対応させていただいております。お問い合わせ内容によってはお時間をいただく場合がありますので、ご了承ください。