Peace Open Card Vol.2

原爆ドームの歴史をテーマとした、Peace Open Card Vol.1の発売から6年目の2020年4月にテーマを「原爆体験の継承」としたVol.2が完成しました。Vol.1同様、 DM(通知書)などでよく使われる二つ折りに接着したカード(圧着カード)に折り鶴再生紙を貼り合わせたポストカードです。

Vol.2では、より「読み物としてのポストカード」として、語り部さんのお話を盛り込みました。年々減少していく被爆体験の「語り部」さんの問題解決をなんとか弊社でお手伝いできないかと考え、企画しました。ご縁あって、語り部の川野登美子さんにご協力をいただき、 Peace Open Card Vol.2を制作に至りました。

宛名面には、川野さんの語り動画にアクセスできるQRコードもついており、幅広い方々に見て、聴いていただけるポストカードです。

このポストカードの売り上げは、製造原価を除き川野さんのPEACE MINDS HIROSHIMAへ寄付します。

<パッケージの内容>

  • 原爆の子の像 6年竹組の仲間たち 2枚
  • 川野登美子さんのお母様35歳の時の手記 1枚
  • 川野登美子さんのお母様83歳の時の手記 1枚
  • セット内容説明文(圧着カードは一度開封すると再接着できないため、中面の内容が読めるように説明文をつけています)

語り部 川野 登美子(Kawano Tomiko)

1942(昭和17)年広島市中区堀川町に生まれる。3歳の時に疎開先の牛田町の自宅で被爆する。原爆で長兄を、次兄をがんで亡くした。幟町小学校2年、佐々木禎子さんと同じクラスになる。禎子さんの死をきっかけにクラスで募金活動を始め、「原爆の子の像」建立に携わる。1995(平成7)年より語り部として活動を始め、今に至る。
原爆の子の像に捧げられた折り鶴再生紙を使ったノートを世界中の子どもに届けるプロジェクトPEACE MINDS HIROSHIMAを起ち上げ、代表として活動を続けている。

<PEACE MINDS HIROSHIMA> https://pm-hiroshima.com/(寄付はこちら
<原爆の子の像 6年竹組の仲間たち> https://genbakunokonozou.com/


Peace Open Card Vol.2は平和記念公園レストハウスで販売中です。ぜひ、平和記念公園を訪れた際にお手にとってご覧ください。

個人情報の取り扱いについて
・本ページの個人情報収集は弊社の個人情報保護方針に基づき、お問い合せに対応することを目的としています。目的以外での利用は致しません
・お預かりした個人情報は第三者提供及び取り扱いに関する再委託は致しません
・上記内容等について同意いただけない場合、お問い合せについてお答えできない場合がありますので、あらかじめご了承ください
株式会社 新生
個人情報保護管理責任者 湯川 真

※お問い合わせには弊社営業時間内に対応させていただいております。お問い合わせ内容によってはお時間をいただく場合がありますので、ご了承ください。